ストレッチの効果

ストレッチとは?

ストレッチ(英: stretching)とは「引き伸ばし」という意味があり、スポーツや医療の分野においてのストレッチとは緊張状態にある筋肉を 引っ張って伸ばし身体のコンディションを整えることを指します。 ストレッチという言葉は1970年頃アメリカのスポーツ科学者の間で使われたことをきっかけに1970年代後半より日本でも急速にその概念が 広がったとされています。

stretching

一般的なストレッチとは、マッサージの様にゴリゴリと筋肉をほぐしていくのではなく、ゆっくりと筋肉を伸ばしていき、痛いと感じたり抵抗を 感じたりした場合は停止し、体に負担をかけない程度に筋肉を柔らかくしていく行為を指します。

ストレッチは2種類ある

ストレッチは大きく「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」の2つに分けられます。

動的ストレッチとは、筋肉の活動を活発化させる目的で行うストレッチで準備体操と同じ意味合いがあります。 サッカーや野球、マラソンなどのスポーツをする前や、ジョギングをする前に行うストレッチで、体の筋肉を伸ばし柔らかくするだけでなく、 適度に体を温めることでスムーズな行動ができ怪我をしにくくなるメリットがあります。 最近のプロスポーツ界ではこのストレッチを重要な位置づけとしてとらえ、運動生理学に基づくストレッチングをトレーニングに取り入れています。

静的ストレッチとは、筋肉の緊張を和らげる目的で行うストレッチで動的ストレッチが準備体操とするなら静的ストレッチは運動を行ったにする 整理体操と言えます。運動した後のクールダウンを行うことで運動で酷使された部位に蓄積された疲労物質である乳酸を 全身に均等に配分することで疲労の度合いを小さくすることができます。運動した後はすぐに休みたい気持ちもありますが、動的ストレッチと同じくらい 重要なストレッチですので運動後は静的ストレッチをすることを心掛けましょう。

日常生活でも筋肉の緊張状態は起こる

筋肉の緊張はスポーツをしている時だけでなく日常の生活でも起こります。仕事をしている時や育児をしている時、精神的な不安やストレスにより 筋が過緊張すると、肩こり、腰痛、などの肉体的な症状として表れます。 筋の伸張に対する受動的抵抗、または筋に備わっている張力を「筋緊張」とも言いますが、筋肉力低下や筋緊張の異常は 痛みを引き起こし日常生活に悪影響を及ぼすことさえあります。 そんな時は静的ストレッチにより筋肉の緊張を和らげ筋肉を正常な状態に戻すとこが大切です。

ストレッチとマッサージの違い

マッサージは押されている部分が点で圧を受けます。マッサージをしている時はとても気持ちがよく筋肉が和らいでいる感じがありますが、 深い部分のコリまでは届かないことが多いとされています。一方、ストレッチは筋肉自体を伸ばす為、筋肉の浅い部分も深い部分も 緊張を和らげる効果があるとされています。

ストレッチの効果

ストレッチは筋肉の緊張を和らげるとともに、筋肉に蓄積した老廃物を排出する効果もあります。 体内に溜まった毒物を排出させる意味がある「デトックス」ですが、体の中に老廃物を溜めないでしっかり排出することは 健康にとってとても大切なことです。代謝が良くなることで健康を維持できるだけでなくダイエットまたは美容にも効果があります。