リラクゼーションとマッサージの違い

リラクゼーションとは?

リラクゼーション(英: relaxation)とは身体的あるいは精神的な緊張を緩めること、または息抜き、くつろぎなどを意味し、 ストレスから解放された状態を指します。

Relax

リラクゼーションには「リラクゼーション」と「リラクセーション」の2つの言葉が存在していますが、違いはなくどちらも同じです。 英語では「Relaxation」と表記しますが、発音記号では「ゼ」ではなく「セ」の方が正しく本来は「リラクセーション」とすべきなのでしょうが 「リラクゼーション」の方が広まってしまったために日本では「リラクゼーション」が一般的に使用されます。 例えば英語の「allergy」、最近の人に多い「アレルギー」ですが、英語圏でアレルギーといっても伝わらず、「アラジー」と発音しないと伝わりません。 英語の「energy」、日本では「エネルギー」ですが英語の発音では「エナジー」、英語の「virus」、日本では「ウィルス」ですが英語の発音では「ヴァイラス」なども 同様です。外来語の発音が若干違うことはよくあることです。しかし心理学などの学術書は本来の発音である「リラクセーション」を使用しています。

リラクゼーションとマッサージの違い

「リラクゼーション」と「マッサージ」は基本的に同じ意味合いで使用されるとこが多いです。 一般の人の多くは「ちょっと肩がこったからマッサージに行でも行こうかな。」と言ったりしますが、 それは間違いではありません。 ただ、「マッサージ」という言葉はあん摩師、はり師、きゅう師が使用できる言葉とされており、 それらの職業に就くには国家資格を取得する必要があります。 国家資格であるため専門学校に3年間通い試験を受ける資格を得ます。 店舗の屋号に「マッサージ」と記載できるのはあん摩マッサージ指圧師の資格取得者がいる店になります。 「マッサージ」の定義は「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」とされています。

一方、リラクゼーションはマッサージの様に人の自然治癒力を高めながら症状を改善に結びつけていくのではなく、 「癒し」を提供するのが目的です。 カラーセラピー・オーラソーマを取り入れた施術や、アロマオイルの オイルトリートメントも、全てリラクゼーションのくくりに入ります。 技術の点においても当店ではある一定期間の訓練を行った者でないと店に出て施術を行うことができないばかりか、 定期的行うに技術テストに合格した者でないと施術をすることはできません。 国家資格を持っているものが働いている場合もあります。 施術目的ではなく、日頃の疲れやストレスを解消したい人にはリラクゼーションがオススメといえます。

リラクゼーションの効果

リラクゼーションとは心と身体の「休養」「気晴らし」「緊張の緩和」のことをいい、リラックス効果を得ることができます。 日常生活の中で、学校や職場等の外の環境において、肉体的・精神的疲労、ストレスが溜まってくると身体の緊張は解けないまま になり良い睡眠をとることができません。 リラクゼーションサロンに行くことにより心もリラックスできぐっすりと眠りにつくことができます。