リラックス(Relax)と自律神経(交感神経と副交感神経)の関係

リラックスとは?

リラックス(英: Relax)とは心身ともにゆったりとすること、くつろぐこと、などの意味があります。 仕事などをしていると緊張状態が続き、その緊張状態を放置しておくと体に負担を与えることになります。 精神や肉体の緊張をほぐし、ストレスから解放され、余計な事を何も考えない「リラックス状態」を作ることはとても大切なことなのです。

Relax

交感神経と副交感神経

人間には「自律神経」というのがあり、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経があります。 食事を例にあげると、箸を使ってご飯を口に運んで、噛んで飲み込むまでは意識的にする行為になりますが、 食べたものが胃袋に入った後は自律神経により消化されたり栄養を吸収したりされます。 不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れると、身体の器官にさまざまな不調が表れるので 健康でいるためには自律神経を整えることが大切なのです。 その自律神経の中でも、 さらに「交感神経」と「副交感神経」の二つに分けられます。

「交感神経」とは俗に「闘争と逃走の神経」と呼ばれ、激しい活動の最中に活性化する神経です。 運動をしている時、人は一種の興奮状態にあります。 副腎髄質より分泌されるホルモン「アドレナリン」が血液中に放出されると心拍数や血圧を上げ、汗が分泌されます。 このような身体が活発に活動している時に働く神経が交感神経です。

「副交感神経」とは交感神経とは逆に、食事中やお風呂にはいっている時、音楽を聴いている時などゆったりとした気分の時に働く神経が副交感神経です。 副交感神経は夜ぐらいから働き出し眠っている時にピークをむかえます。

「交感神経」と「副交感神経」はどちらかが上がると、どちらかが下がります。

自律神経のバランスが崩れると体調不良になる

自律神経の「交感神経」は集中したい時には活発になる方が良いですが、そうでない時に交感神経がはたらくと胃や腸などのはたらきが弱まり、消化液の分泌がおさえられ 食欲がなるといった支障がでてきます。緊張や不安、ストレスが強いときに食欲がなくなったりするのは交感神経が働いているからです。 特に過度のストレスにより交感神経が働いた場合、血管がちぢみ栄養・酸素・体温が全身に行き渡らなかったり、 リンパの流れが悪くなり疲労物質や老廃物が排出されにくくなったり、疲労回復や体の修復が追いつかず体調不良になったりします。

自律神経失調症が増えている

自律神経失調症とは交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れることで起こる病気です。 ストレスが主な原因とされていますが疾患概念や診断基準があるわけではありません。 原因不明の病気であることから、心療内科に受診する患者さんに多くみられます。 最近、調子が悪いと感じたら意識的に「副交感神経」を働かせるように心がけましょう。

副交感神経の働かせ方

副交感神経を働かさせるためにはリラックスすることです。 副交感神経が優位になると筋肉が緊張から開放され血管が広がり栄養や酸素、体温が全身に行き渡り身体の修復が行なわれるのです。 お風呂に浸かったり、音楽を聴いたり、仕事中であれば大きく息を吸いゆっくりと深呼吸するだけでもだいぶ違います。 自分で意識的にリラックス状態を作るのが難しい人は当店にお越し下さい。 リラクゼーションサロンは整骨院やあん摩マッサージなどのように治療を行う場所ではなく、落ち着いた空間で ゆったりと筋肉をもみほぐしていきます。 もみほぐされている時、眠たくなってくることがありますが、それは副交感神経が働いているときであり、交感神経が休んでいるときです。 この状態は人間の体にとってとても良い状態だといえるのです。

副交感神経は健康な生活、美容の促進のためにも重要です。 日常的に副交感神経を優位にする方法を取り入れていきましょう。